FC2ブログ

女性の夢とキャリアについて~キャリアデザインフォーラム

 2013-01-22
昨日の続きです

「テーブルごとにグループディスカッションがあります。
そのあとは、ランチを食べながら発表です。」

と聞いていたので前夜、急に緊張し、もしや行かない手もあるか?とずるい事も考えたのですが・・・

こういう時はいつもエイヤ!っと行動することにしています。
もちろんドタキャンは無礼です

いつもワークショップでお世話になるM師匠の言葉’Jump in!’。

どうしよう、緊張する、怖い(ToT)そう思ったことって逆に、
終わったあと「あぁ、やって良かった」「行って正解だった」と思うのです。

もしかしてM?笑

それに、少しの緊張感もないということは、裏返せば大して面白くない&マンネリってこと?

新しいこと、緊張のあとに達成したことは満足感があります
好奇心も一生大事にしたいな。

参加したフォーラムでも頑張っている女性たちにたくさん出会い、
そのアイデア、行動力、苦労とここまでの道のりにもらい泣きするほどでした
行って良かった~

これはきっと、子供たちにも言えますね。

ドキドキしたあとは、大きな愛で包んで欲しい。(私は一人で頑張りますが(^_^;))

ほら言ったでしょ、こうすれば良かったのに(`・ω・´)なんて言って欲しくない。

だから、ついでそうになるコトバをグッと飲み込んで
子供たちの夢、一緒に見守りましょうね

スポンサーサイト



ダイレクトに響く

 2012-11-19
先週は京都、今週は札幌となんだか充実した日々です
あっという間に1週間が終わります・・。

大人の多読貸し出しで1600万語読んでいるYさんが先日、

「最近、日本語の本は全然読まなくなりました。飽きるんです。」とおっしゃってました

英語の本は、どんなに読んでも飽きないのだそうです。

情景を頭に描き、登場人物の相関図を紙に書いたり

Yさんくらいのレベルになると、シドニィシェルダンでもスラスラですから、

推理小説の展開にもスリルが味わえるでしょう。

「ダイレクトに心に響く」そうもおっしゃっていました。

私も英語のDVDや本を見ていて、また歌を聴いていて恥ずかしながら、思わずグッときて
泣きそうになることがあります。

ははは。

洋書なら子どもの心理描写を細かく描く Jacqueline Wilson、洋楽なら Stevie Wonderや
Louis Armstrong。

「ダイレクトにセリフや文章、歌詞が心に響く」のです

この季節だから、余計響きやすいのかも。もちろん一々訳したり、日本語を介したりしていません。

このグッと心に直接響く感覚、心が震える感動を、ホロホロの多くの生徒に実感してもらえたらなぁ、と思います。

関西へ 終わり

 2012-11-12
手作り市のあとは、娘の興味がある大学の文化祭へ。

バスが縦横無尽に走っている市内は、バス移動が便利だけど、

目的地はちょっと離れていて路線図に載ってない

人に聞きながら適当に行って辿り着いたのは、旅好きの勘かしら。

学祭は、寒くて震えながらの見学でしたが、彼女の心の温度は急上昇

展示場所を聞くのに先輩に話しかけ「ちょっと触れ合っちゃいました~」とか言ってました。(笑)

畑違いなので、母には分かったような分からなかった様な空間でしたが、

その後、知り合いのSさんがもう一度連れて行って下さって、的確な評価をしていたのには
さすがだな、と思いました

午後は又1時間近く歩いて、そのSさんの読み聞かせ&素話(ストーリーテリング)のお話し会へ。

ローカルな場所、地元の人たちが一生懸命活動されている瞬間に立ち会えて

通り一遍の観光地巡りでは得られない刺激の多い旅になりました。

夜はSさん宅で画家であるご主人(某有名デパート日本橋店で1週間個展をひらくほどの実力派)と、

先日、英語のスピーチコンテストで全国優勝したお嬢さんのYちゃんと少しお話しする時間が持てました。

最終日は娘と別行動で「関空で待ち合わせね!」と1人大阪へ行き、久しぶり真澄先生のワークショップに参加。

心の奥底からスッキリ、元気になる時間でした。これで益々仕事も頑張れそう!

本当に行って良かった中身の濃い関西旅行になりました。
2012.11東本願寺宿そばの東本願寺




関西へ②

 2012-11-08
京都駅から徒歩10分、改装された和風旅館の受付には、
笑顔の優しいインドネシア人のお兄さんがいました
松葉屋旅館

インドネシアに行った人は、一様に「人が良かった優しかった」
と言います。
なんだかそれが分かったような気がしました。

次の日は梅小路公園のてづくり市
朝9時から、アクセサリー、お漬物、パン、楽器など
たくさんの出店があり、見るのに飽きません。

母娘はあれもこれも、と目があちこちへ泳ぎ、
テンションも上がります

結局、試食で美味しかった栗の渋皮煮と、明朝の天然酵母パンを購入。

娘には今まで持ってなかった腕時計をねだられて買いました

朱色の皮バンドが素敵なデザインで、えらく気に入ったらしく
旅の途中ずっと、なでて何度も見入っていましたよ。

もうちょっとつづく・・。


関西へ

 2012-11-07
文化の日の週末、用事で関西へ行ってきました

初めてのピーチ航空。
ドキドキ
FBピーチ


手荷物を預けるのと、座席指定は予め別料金で支払い済み。

長いANAの列をさえぎり
「すみません、ピーチです。失礼します。」

と担当の女性の後について、会釈をしながら割り込んだのは、ちょっと恥ずかしい

搭乗口からは徒歩、強風の中タラップを自分の足で上って機内へ。
(↑数多く乗っている中でも、かなり久しぶり

機内へ入ると新しい機体、ピンクとパープルの色調でこぎれい。
座席間が20センチほどしかないので、足は組めず。

でも格安なので、これならコストパフォーマンス大か?

朝8時に自宅を出て、バスで2時間、千歳空港で2時間、ピーチで2時間。

その後、関空でちょっと休憩、バスとJRで2時間、宿に着いたのは、
午後8時でした。

12時間の移動

関西の旅、1日目。
つづく。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫