FC2ブログ

東北と教育の大切さ

 2011-03-21
土曜日はNews Weekで「世界のカリスマ教師100人」に選ばれた、関西大の田尻悟郎先生の講演会に行ってきました。

地元で4回もこの先生の話を聞けるなんて、本当に恵まれています

まだまだ聞きたい事がたくさんあって、1時間半があっという間。

この先生の話は、ぜひ多くの保護者の方にも聞いて頂きたいです。

本題に入る前に、いくつか話されたことが印象に残りました

以下。

今回の地震で、日本人ならではの美談が世界に流れているけど、それは「東北だから」じゃないか。

中学生、高校生が避難所で率先して働いているニュースが幾つも流れた、それは地域の力。

どうか、子供たちを地域の行事にどんどん出して下さい

テストで何点取れるか、どの学校へ入れるか、詰め込み教育の弊害が政治家など大人たちに顕著に表れている。

自分で判断できない子、応用力がない子供が多い。

人と違う考えを持つ事。

人と違うアイデアを持つ、そういう子供たちを育てないと。

地下資源のないこの国では教育が本当に大事。

出来る、自信が持てるものを増やすのが教育。

出来ない、ダメだ、って叱るんじゃなく。

などなど

自分が日頃思っていることの再確認、良い機会になりました。

この後、本題に入り、色々勉強になることが山ほど。

この講演でエネルギー注入、人と人の輪の大切さもひしひし感じました

さぁ、のんびりしてられない!

まだまだやることがあるので、私は頑張ります!


募金箱
スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫