FC2ブログ

又うれしい知らせ

 2011-06-15
1日で最も忙しい時間。

18時に小学生のレッスンが終わって、19:30に中学生が始まるまでの正味1時間。
(みんな終わってもすぐ帰らないし、レッスン前は早めに来るし

ばたばたと夕食の準備をしていたら、
「先生ー受かったかも!」と高2Hちゃんからメール。

英検を受けて自己採点した結果が思いのほか良かったみたいです。

「合格点なん点?どこで見れば分かる?」矢継ぎ早に何度もメールが来るけど、
全部に返信出来ずにいると、

「自分で英検のホームページ、見てみる」と。


10月に受けるのかと思っていたら、6月と聞いて驚きましたが、
思ったより出来たみたい。

こういう良い知らせ&報告メールを生徒がしてくれるのが、何よりうれしいです。


もう1人、中3Kちゃん

実力はあるけど、勉強は大っ嫌い。
プリントなんて見るのもご免

でも、この前の中間テストでは、余裕の92点。
今までずーーーっと多読してきた成果です。

これまで何度か「もうちょっと長いのはどう?」「この上のレベルは?」と勧めても、
一貫して拒否

Scholostic社から届く、CD付きの絵本ばかり読み続けていました

CD付きといってもネイティブの子供向けに書かれた本だし、ボリュームも結構ある、
易しすぎる訳でもないからそのままにしておきました。

なんといってもこの春教室を卒業したYさんが、この本たちのお陰で
本当に英語、大得意になったしね。

ところが!
今日おなじCD付きでも Usborne Young Readersの一冊を薦めてみたら、スラスラと理解出来た様子で

「あぁ、おもしろかった!

もう一冊、Mcmillen Readersも「これ、こわいーー。だって~~~~~~・・・・・・」と
ずっとあらすじを喋りつづけました。

私、思わず心の中で「やった!」とガッツポーズ

「ついにこの時が来た!」「背中の羽を広げて飛び立った瞬間だ!!」って
嬉しくなりました

絵本からちょっと大人向けの本へ脱皮。
ここに来るまで、かれこれ6年くらいの長い道のりだったけど、1つ階段を上がった彼女。

もうこの先は大丈夫、間違いなしです

バンザーイ

Photo Finish: Starter (Macmillan Readers)Photo Finish: Starter (Macmillan Readers)
(2005/04/27)
Polly Sweetnam

商品詳細を見る



Stories of Pirates (Usborne Young Reading Series 1)Stories of Pirates (Usborne Young Reading Series 1)
(2007/06)
Russell Punter

商品詳細を見る

↑私の持っているのはCD付きです。





スポンサーサイト



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫