FC2ブログ

おばちゃん

 2012-10-29
fmラジオに出演した後、1人でのんびりお茶を飲み
図書館にリクエストしていた本を取りに行きました

午前中でまだ人はそれほど多くなく、空いていた椅子に腰かけて
パラパラと雑誌をめくっていたら

ケープを肩に羽織ったよちよち歩きの子が近づいてきました。

下向きでニコッと笑いかけると
私に釘付けになったようでじーっと固まって・・

後ろから追いかけてきたお姉ちゃんが「ほらっ行くよ」
とかがんでその子を追い立てるように連れて行きました。

お姉ちゃんはやっぱりしっかりしてるのね、
下の子はなんだかんだ自由奔放に育つのかな、なんて
自分の子育てを振り返り後ろ姿を眺めていたら、

2人のお父さんと思しき若い男性がやってきたので
そのお姉ちゃんすかさず

「今ね、おばちゃんのところに行っちゃったから、『ダメよ、ごめんなさいよ』って
言ってあげたの、○○ちゃんね、あの、おばちゃんのところに行ったからね、あのおばちゃんの

と、図書館なのに大声で、何度も、何度も、あのおばちゃんを繰り返していました。

確かに、間違いなく、疑う余地もなく、まさに
『おばちゃん』だけどね、

さっきまでのお姉さん風の微笑みと優しい気持ちが、
あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛・・・という気分に変わっていったのは言うまでもありません。



スポンサーサイト
コメント
ぷぷ・・・i-229
仕方ないよ、そういうお年頃っていうか、子供から見たら大概の年上の女性は「オバサン」よ~(お姉さんのカテゴリーはあえて無視する大雑把なくくり)

ラジオ出演の写真も、子供たちを見守る優しい・・・
お姉さんではないわね、確かにw

まぁ、心はいつまでも若々しい10代のつもりで、柔軟にいきたいよね~
【2012/10/29 22:50】 | MARU #- | [edit]
MARUさん

心はいつまでも10代のつもりで、、いても段々硬化してる気がします。
お互い気を付けましょう。
【2012/11/01 09:33】 | holoholoenglish #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://holoholoenglish.blog40.fc2.com/tb.php/185-12c56e5c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫