FC2ブログ

シャドーイング

 2011-03-07
今、ほとんどのクラスで「シャドーイング」をしています。

中学生は学年末テストが終わって一段落したし、小学校低学年のクラスはどんな風になるかな?とお試しで。

シャドーイングとは、耳から入ってきた言葉を、聞き終わる前にすぐ続けて繰り返して言うことです。

その名の通り影のようにぴったりくっついて次から次へと口を動かすこと

MMさんのブログで教えてもらった秘密兵器と今までのものを組み合わせれば、1台のCDプレーヤーで8人まで聞けます。P1090344.jpg

(ちょっと音が小さくなるみたいだけど、皆で同じ音でやるのは楽しそう

年齢は上がれば上がるほど出来なくなる子が多い、大人は照れもあってか、殆どの人が出来ないです

コツは思いっきりボリュームを大きく、自分の声を聞こえない位にして(それでも声は出し続けてくださいね)
聞くそばからどんどん口から出していくこと。

もちろん本の文字は見ないでね

区切りのいいところまで聞き終わってからやるのはダメです

試しに、車の運転中にラジオから流れるNHKのニュースでやってみてください

又は初めて聞く若者の歌など。演歌でもいいのかナ。

日本語なのになかなか難しいはず。

シャドーイングの効果はハッキリ証明されているわけではありませんが、脳内に英語を英語のまま捉える場所が出来る様な、

とどこおった血流がスムーズに流れだすような働きがある気がします

その証拠に、中3受験生が先日、穴埋めや文法用語で頭がいっぱいになっていた時、これのあとでは会話もリスニングもすらすら解き始めたし、

長文を解くにも固まりで意味をとらえ、全体の内容を大きくしっかり取ることが出来たから

間に日本語を介さないですぐさま口から出すと言うのが何か効果があるのかもしれません

中1&2も前にやっていた時よりよく声が出ています。

小学生は年齢が低くなるほど「なんでこんなのやるの?」「簡単すぎ~!」という反応。

すごくきれいな発音、自然なイントネーションです。
P1090343.jpg





スポンサーサイト



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://holoholoenglish.blog40.fc2.com/tb.php/92-4032f328
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫