FC2ブログ

新入会のペア

 2013-03-10
2月はじめに、ホロホロ保護者の方の紹介で、Sちゃん(小5)& Hくん(年長)の姉弟ペアが
入会しました。

体験レッスンは、3歳の弟Fくんとパパ、ママの5人家族で参加し
BBカードにはまり、すぐに入会を決めてくれました。

2回目のレッスンで忘れ物コーナーの方を見たHくんが
「あ!あそこにもミスターセロリがいる!!」とカードの中のキャラクターについて大きな声で教えてくれました。

見るとこれが・・・
IMG_5817.jpg

なんと、横になって無造作に置かれた文字カード。
これをあの、Mr.Celeryと認識するとは、なんとも頼もしい6歳児。

お姉ちゃんのSちゃんも、微笑んで見守っていました。
BBカード風に言えば「She looked at her brother with a smile」
でしょうか?

家でも毎日カードを広げ、ハマりにハマっているというので、
先日お母様にお願いして様子をレポートしていただきました。


その様子はまた次回

クラス懇談会

 2013-03-02
今日は水曜小3-5クラスの保護者懇談会でした

毎回笑いが絶えない、個性派キャラで固められた方々で
今日もたくさん笑わせていただきました

レッスンについて、家庭で細かいことまでは話さなくても、
行きたくないなどの否定的なことは一切聞かないそうで、
嬉しかったです

生徒さんたちの表情を見ていても、
5人全員明るく仲良し。知的好奇心も旺盛です

それと気づかせないように導入する「新しい文法事項」にも興味津々。
右脳を精一杯使って、え?これはどういうこと??
なんでそうなるの?など頭の中をぐるぐる回転させているのが見て取れます

来年度は、また一歩ずつ進んでいきますヨ

あ、
BBカードは細部を積み上げて全体を形作っていく教授法ではありませんので、

一歩ずつ進むといっても、それぞれにペースや、やり方は違います

自分の持っている引き出しに、悩んだり迷ったりしながら、自分の納得する方法で
少しずつ大切なものを入れていき

時間が経った時に「あ!」と新しい発見が浮かぶ、というのに近いかも知れません


BBカードの奥深さについて 考察

 2013-02-28
約8年前に出会ったBBカード。
それまで使っていたコースブック(英語のレベル別テキスト)で2年学んだ小5男子Yくんが

「先生、このテキスト、今日で終わり? じゃ、投げといてー(捨てといて、の北海道弁)」と
言い放ち帰っていったのがショックで
他にいい教材はないかと模索していたときのことです。

結局そのYくんは、毎週2年間通っていたにもかかわらず、
Hello~とHow are you? くらいしか身に付きませんでした

毎回1時間のレッスンをする為に、倍の時間をかけて計画を練っていたのに、
私は一体何をしてきたんだろう?
彼に何を残してあげたのだろう?と本人にも保護者の方にも申し訳なく思いました。

早速ワークショップに参加し、BBカードの大きな可能性に惹き込まれました
BBカードは、64の基本的な英語表現を、遊び感覚で気負うことなく身につけていける教材です。

どんな子も好きなところから取り掛かれ、出来る出来ない、や、速い遅いの判断基準でなく、
基礎を学びながら、得意なところをどんどん伸ばせます

英検3級且つ中学3年の文法事項、現在完了まで網羅。

毎回、工夫された遊びの中で、何百回、何千回と声に出して繰り返すことで、
日本語とは違う、「英語」の構文が体に蓄積されていきます

‘遊び’を極めるがごとく、レッスン時間の中で様々なゲームを体験しますが、
それは札幌のU先生の言葉を借りれば、

全ては「オリジナルの64文」にもどってくるためのものです。

30年前に、英検問題や教科書を丁寧に分析し制作された、64枚。
小学生や幼児でも興味を持つ、ちょっと変顔のキャラクター達が描かれています

ホロホロでは、高校生もそれで遊び、脳みそをぐるぐる回転させながら英文を作ったり、
学校英語に応用しテスト対策をしたり、英検の発話練習にも使っています。
 
基礎ががっちりしているからこそ、
付け焼刃の暗記や、その場しのぎの会話レッスンにならず、

共通の土台があるからこそ、
仲間と共に深く掘り下げることができます。

また長い時間をかけて体に染みわたった栄養素だからこそ
それをゆっくり咀嚼し、自ら思考しつつ、未来に向かって、いか様にも
広げていくことが出来るのだと思います

先日参加した札幌のBB勉強会は、始まって以来の大人数で、盛況でした。
‘OSMOSIS’という今まで聞いたことも見たこともない言葉に出会ったのです。

そのことについては、また後日書きたいと思います

Chaiに掲載されました

 2013-02-26
十勝の情報誌Chai3月号106ページに、生徒募集記事が載りました。
今回は、4月に入会してくれた火曜「元気」男子クラスの写真と一緒です。

3月号 春からの習い事デビュー

102ページには、中3Shotaくんのコメントと写真が載っています。
Shotaくんは小3から通い始め、7年目。

将来の夢もはっきり、記者さんに話していました。
取材した方は、気さくで勉強熱心な方、とても心地良い取材の時間になりました。

BBカードはとても奥が深く、
この良さは短い文章だけでは伝わらないのがもどかしいのですが、

Shotaくん自身は本質を理解し、よくぞ語ってくれた!と大いに褒めたいものでした。

IMG_5784.jpg






久しぶり!

 2013-01-22
月曜4時からは小5&6クラス元気6人クラスです。

クリスマス前に去年のレッスンがあったきり、久しぶりの顔合わせでした。

3時半前にタクシーで到着、Kくん入ってくるなり「バタン」と床に倒れ
「眠い(。-_-。)・・・」

しばらく伏せていました

そこにHくん登場。Hello~~~!!!相変わらず元気100倍。
こちらも元気をもらいます

皆つぎつぎに現れ、宿題のチェック

あれ?「これ忘れた。こっちはやったのにー。」の声。
たくさん出したので、やり忘れたものがあった様子

忘れた人は、始まる前に5分くらいで片付けようとしたので、来週までにきちんとやってくるように
伝えました。

借りた絵本の好きなページの絵と文章を写してくる、です。
色も塗ってくれると嬉しいな

BBカード全マーク、すぐに言葉が出ないものもあったけど、楽しくわいわい出来ました。

チームごとのリレーゲームは、肩を叩いてノックしてから。
6年男女、違和感ない様子^^。

HiByeのディクテーションを初体験
これが今週の宿題。

ちっとも分からない、と言いつつも・・もうちょっと続けてみようと思います。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫